So-net無料ブログ作成
-| 2017年06月 |2017年07月 ブログトップ

笑う、怒る、しゃべる??猫たちの表情

0yjimage.jpg

かわいい犬や猫の写真を見てるだけで癒されます。
動画もたくさん出ていてついつい時間を忘れて見入ってしまいますね。
動物の表情って本当に千差万別というか、それぞれに個性があって可愛いもんです。

普段はおとなしくって人の言うことを聞いてくれない、わがままな猫でも時に可愛いしぐさをしたり、しゃべりかけてきたリ、怒ったり
いろんな表情や行動で楽しませてくれます。

そこで今日は笑う猫、怒る猫、しゃべる猫の動画を集めてみました。

めっちゃ笑う猫 Laugh Cat


笑う猫


笑うと怒る猫!表情とおしゃべりに笑[ハート][ハート]猫との会話を楽しむ動画


笑う猫


笑う猫ちゃん


猫がしゃべる?言葉を話す変わった黒猫さん


しゃべるねこ、しおちゃんの「おむかえ」集 - Talking cat Theo greeting his "Papa"


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ペット用品サンプルが入荷しました!!!けど???

2017y06m20d_094123704.jpg
待ちに待った商品のサンプルが入荷しました。

2017y06m20d_094105652.jpg

アウトドア用品とかワンちゃんとネコちゃんの布製バッグなんかも一緒に頼んだので結構な荷物になりました。
段ボール箱が4つ、重量にして40㎏ちょっとでした。
ところが中を開けてみると肝心のペット用品はワンちゃんとドライブするのに必要なワンちゃん用シートの一種類だけ。
残りはどこへ行った!!
ワンちゃんを入れるデイバッグ、レインコート、トリミング用のブラシ、エサ入れ、ベッド、水やり器などなど、、、
無い!!!!

どういうこっちゃと、送り主に聞いたところメーカーの方で在庫が無かったのでこれから作るって。
なんやねん。すぐに送るって言ったやないか。
どうでもいい(こともないけど)商品が先に入って、待っていたペット用品が入ってこない。
がっかりです。
今日はいろいろ商品の紹介をしようと思っていたのに一つしかないのでしょぼい内容になりましたが、せっかくなので唯一のペット用自動車シートの紹介をさせていただきます。

自動車後部座席用 ペット用シート。
車でお出かけの時にワンちゃんを一緒にっていう人はたくさんいると思いますけど、毛がシートにくっついて後で掃除が大変ですよね。
途中散歩なんかで汚れてしまったらいけないのでタオルケットかなんか用意されているかもしれませんけど、このシートがあれば座席に直接座るのと違い抜け毛がシートについたりしませんし、少々動いてもズレたりしないので安心。
さらに防水なので汚れた体で乗っても座席を汚すこともありませんし、万が一おしっこをしても大丈夫です。

2017y06m20d_094123704.jpg
https://store.shopping.yahoo.co.jp/pkgsdrtsqypsqr66lxjex2ennu/zmr5anye5i.html
なかなかつくりはよさそう。
生地もオックスフォード生地に裏面が防水シートになっているので丈夫だし、汚れがシートにつかない。
カラーは全4色
2017y06m20d_110026919.jpg
https://store.shopping.yahoo.co.jp/pkgsdrtsqypsqr66lxjex2ennu/zmr5anye5i.html

シートにしっかり固定
2017y06m20d_105638857.jpg
後部座席のドアの上のところと前の座席のヘッドレストの部分にも取付ができるのでワンちゃんが動いてもズレたりしないかな。

大型犬も楽に乗車できるサイズ
2017y06m20d_094105652.jpg
幅が130㎝ 座面が40㎝ 高さ50㎝と余裕のサイズなので大型犬も大丈夫そう。

汚しても簡単に水洗いできます
万が一おしっこしたり、汚れた足で乗っても防水シートなので安心
2017y06m20d_110622246.jpg

さてさて、いくらで売ろうかな。
2500円前後かな。
等と考えています。

でも小型犬だとちょっと高さが問題かな。
あんまり高いと視界が悪くてかわいそうかな。
小型兼用の小さめの物も次は仕入れよう。


Amazonとか、楽天市場、Yahoo Shoppingなんかを見ているとペット用品だけでも多種多様の商品があります。
でもよく見ると同じ商品をいくつもの出品者(お店)から販売しています。
もちろん日本のペット用品を取り扱っているメーカーさんも出品されていますが、ノーブランドの商品や聞いたことのないブランドの商品が多数あります。
で、ほとんどが原産国は中国になっていました。
商品の画像をコピーして、中国のネット販売の大手(○AO 〇AOや 1○88なんか)で検索してみると案の定、全く同じ商品が販売されていました。
つまり日本で売られている殆どのペット用品はほぼ中国製ということになります。
そこで私はコネを手繰っていって、中国人の友達や、中国に住んでいる日本人に声をかけて安くて日本で売っても喜んでもらえる品質の商品を探すことにしました。
最近輸入代行をやってくれるところが増えてきて、ネットで中国のサイトを調べて、その代行業者に買ってもらって日本に送るというパターンなんですが、
それでは自分の目で商品を確かめることができません。
ただ、中国でネットで物を買う場合、同じ商品でも50元(約800円)から300元(約4800円)くらいまで幅があって、高いものが必ずしもいいわけではないのですが
値段につられて安いものを買うと、不良品が入っていることが結構あります。
なので私の場合は直接商品仕入れをするか、向こうでサンプルを仕入れてもらって品質を確認してから日本に持ってくるということをやっています。
最近特に〇ルカリとか○クマなんかで個人でやっている人たちが増えてきましたが、Amazonにしても楽天にしてもyahooにしても
スマフォケース、小物家電、カバン、財布、アクセサリー等、ノーブランド品と記載されているものはほぼ100%そのパターンです。
そんなわけで自分で商品を確認していないから受け取ったときにトラブルもあるようです。
Amazonでも商品の説明分なんかが変な日本語になっているものは、中国人が運営しているお店です。
洋服とか財布なんかは韓国輸入が多いですけどね。

皆さんネットショップで商品を検索する場合だいたいは商品カテゴリーから具体的なキーワードなんかを入力して探されると思いますが、
そのお店をお気に入りにして、リピートでまた購入されるっていう人は少ないですよね。
ただし、私の場合はペット用品を取り扱うということもあって、普通に近くのお気に入りのお店に出かけるような気持ちでまた来店してほしい。
とりあえず売れたらいいではなく、またこの店で買ってやろうって思っていただけるような店にしていこうと思っています。
値段ももちろんですが、すぐに壊れたり、イメージと違ったり、説明と違ったりというようなことが無いように努力していこうと思います。
それがまず自分の目で確かめてから確実なものだけを仕入れるというようにしていこうと思っています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ペットと泊まろう!! その壱

ペットと泊まろう!!
147684_1.jpg
ペット同伴のホテルやコテージ、ペット飼育可能なマンションとか結構増えましたね。
私自身はペットと一緒にホテルに泊まったという経験はありませんが、ドライブとかお出かけの時にはワンちゃんを連れて行くことがありました。
実際家族の様なものですからどこに行くにも一緒がいいですし、家に一人(一頭)だけ置いていくのもかわいそうです。
留守の間どうしているか気になりますよね。
ならいっその事一緒にお出かけしてしまおうというのが動物好きの性というか
でもペットを連れて宿泊する際に気を付けなければいけないことがいくつかあります。
カラー(首輪) 、リード
部屋の中ではリード無しで構いませんが、ホテル内はほぼリードが必要です。

狂犬病予防接種
チェックインの時に予防接種の有無を必ず聞かれます。
予防接種をしていることは当たり前の話ですがチェックインの際、狂犬病予防接種証明書の提出が必要なところがあります。
普段そんなもの持ち歩いていないかもしれませんが、荷物にならないのでいきなり言われて困らないように準備しておいた方がいいと思います。

トイレのしつけ
シーツとかじゅうたんなどをおしっこで汚した場合クリーニング代を請求されるところもあります。

おすすめペット可能なホテル、旅館


都会のホテル
都市部の中心地で貴重なペット可能のホテルです。
ペット可能が故の困った点(喫煙ルームしかない、掃除をしても毛とか汚れが取り切れない場合も)もありますが、
あまり選択肢が無い中で優れたホテルを紹介します。

アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>


ご存知アパホテル。
ディズニーランドに行く人も多く利用されていますが、ドッグランも隣接しており、隣接する部屋はどれもペット可能な部屋なためお互いそこまで気を遣う必要がないのもメリットだと思います。

神戸北の坂ホテル


三ノ宮西口駅/阪急三宮東口駅より徒歩約7分と神戸の中心地北の坂にあるホテルです。
ペット用のアメニティも充実しています。
ただし、ペット可能の部屋は喫煙可の部屋となっておりタバコを吸わない人はちょっと気になるかもしれません。
チェックインの際、狂犬病予防接種証明書の提出が必要

リゾートホテル
ホテル里杏(千葉県勝浦市 湯場の原温泉)


ペット同伴可能なレストランがあり、屋内&屋外ドッグラン完備(宿泊者無料)ドッグスパ&プール(別途料金)もついた本格的なペット可能のリゾートホテル。
ペット連れには最高の待遇でしょう。
看板犬の、モコちゃん、レオ君、マロンちゃん、とても可愛くて優しくてまた顔を見たくなります。

カーロ フォレスタ 元箱根 LUCIA

屋内&屋外ドッグラン完備、ワンコ温泉(ペット専用温泉)

カーロ フォレスタ 北軽井沢 RIO


5500坪の広大な敷地内には小川も流れる散歩道があり、四季折々の草花やきれいな野鳥の姿などの自然が愛犬との散歩を彩ります。
ホテル内にはドッグラン、トリミングルームあり。
夕食はレストランでワンちゃん用のコース料理とバースデーケーキ(要予約)も。

コテージ、貸別荘
ログハウスやコテージ等、独立した建物のため多少の鳴き声とか気にすることなく泊まることができます。
自炊ができたり、キャンプ気分で思いっきりアウトドアをペットと楽しむのには最適です。

レストラン&コテージ レイクサンセット (北海道)


国立公園指定の風蓮湖のほとりにあります。
北海道らしい自然を満喫したい人向け。
美しいサンセット、満点の星空、早朝のたたずまいとオジロワシやタンチョウとの出会いが待っています。
ペット専用のログハウス風のコテージがあります。

ニセコひらふ泉郷(いずみきょう)レンタルコテージ(北海道)


エリア内ではリード着用でペットと一緒にのんびりお散歩ができます。
ペット連れ専用と一般宿泊客様に分かれています。
泉郷エリア内の公園にはドッグランがあり、テラス席でペットとお食事やお茶を楽しめるカフェなどもあります。

プライベートドッグラン付き貸別荘わんわんワン


那須高原の別荘地内にある一戸建ての別荘。
リビングから直接出られるドッグランが自慢です。
天候の良い日は満天の星空の下でBBQも楽しめます。


温泉宿
家族で温泉に行きたい。でもペットを残しては行けないという温泉が主目的の方からペット優先で考えられた旅館まで幅広くあります。

片山津温泉 加賀観光ホテル


ペット連れをメインに考えたホテルではなくペットも大丈夫ですよという感じで考えた方がいいでしょう。
片山津温泉の老舗ホテルですのでどうしても温泉に行きたい。でもワンちゃんを置いていきたくない。という人に。
1日3組限定わんちゃんと過ごすのんびり温泉旅行?小型犬同伴OK?というのがあります。
ペットの食事も持参していかないといけません。


ペンション

Tanpopo‐inn(タンポポイン) (山形県米沢市)


スキー場内にあるペンションで、ゆったりとした館内はペットフリー!ワンちゃんも猫ちゃんもOK
吾妻連峰を望む高原のドッグランは、全面芝で23時までのナイター照明で利用可。レンタルゲージ(中型犬15kg以下)も用意。
米沢牛が堪能できます。

今回は関東から東北、北海道がメインで関西以西は少なかったですが、おいおいご紹介していきます。

ペット用品準備中です。
関連グッズも順次取り揃えていきます。

ねこちゃんトートバッグ
2017y05m25d_193244492.jpg
商品ページはこちらからどうぞ。[↓]
https://store.shopping.yahoo.co.jp/pkgsdrtsqypsqr66lxjex2ennu/zysnbv00hg.html
2017y05m25d_193417210.jpg
商品ページはこちらからどうぞ。[↓]
https://store.shopping.yahoo.co.jp/pkgsdrtsqypsqr66lxjex2ennu/zm467597tf.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

中国で友達が犬を飼い始めました

mmexport1497427990427.jpg
友達の犬です。

最近中国に住んでいる友達が犬を飼い始めたというので写真を送ってもらいました。
mmexport1497427997014.jpg

私自身2011年くらいから4年ほど中国に住んでいました。
十数年ほど前、中国に行ったときはペットとしての犬はあまり見かけませんでした。
種類も多くはなく、一部の大金持ちが飼っている高級犬以外はほぼ雑種。
野良犬には遭遇したことがありませんでした。
中国人は犬を食べる。
という先入観があって野良犬はほぼ食されていたのではと勝手に想像していました。(中国の方すみません)
たくさん中国人の友達がいますが、誰に聞いても犬を食べたことは無いそうです。
ただ、田舎の方の市場ではいまだに食肉用の犬が売られています。

現在では日本と同じでペットを飼っている人が増えてきました。売られている犬の種類も日本と変わりはありません。
トイプードルが一番、さらにチワワ、パピヨンなんかが人気だそうです。(同じですね)
柴犬や秋田犬もすごく人気があるそうです。(これは後で説明しますが人気の意味が少し違うようですが)

友人も中国滞在が10年近くなって立派な中国人?(日本人ですけど)になってしまいトイプードルを二匹飼い始めました。
mmexport1497428002482.jpg
彼が犬好きだったかどうかは知りませんが、とにかく今は溺愛しているようです。
私も単身で行っていたので彼の気持ちがよくわかります。
60歳近くなっていくら勉強したからと言って、普通に中国人と会話できるわけでもないし、家に帰ってもテレビ見るくらいしか楽しみが無い。
毎日飲み歩いていたんではお金が続かない。
ペットがいればどんなにか癒されるだろうなって。
ただ、私がいたころはペットショップ自体が無かった(知らなかっただけかもしれませんが)ので自分で飼うなんてことは夢にも思いませんでした。
毎日仕事が終わってから二匹の犬と散歩に出かけるそうです。
mmexport1497421432846.jpg
ところで中国は食品偽装が横行しているってよく聞きますよね。
実際にあったことですが、
ある日、イチゴを買いました。真っ赤でとても甘そうなイチゴでした。
ただ農薬とか有害物質のことがあるのでよく洗わないといけないと思い、ボールに入れ水道水を流しながらしばらく置いておくと、なんと真っ赤だったイチゴが真っ白になっていたのです。
赤色に染めていただけだったんです。
さらに売り場では容器に入れておいてあるものでも外側はきれいですが、中の方は腐っていたりこれでも商品かと思うくらいつぶれていたりします。
大きさが不ぞろいなんてことは気にもなりません。(よく見て買わない方が悪いんだとか)


ペットの話をしていていきなりスーパーの話に飛んでしまいましたが、実は友人が買ったトイプードルですが、ティーカップと言われ大きくならないはずが、
最近どんどん大きくなって、どこまで大きくなるのか心配しています。
買ってきたばかりの時の写真はこんな感じですがこれからどうなるんでしょうね。

これってペット偽装?なんですかね。
まあ適当なことを言って、売れればいいってとこが当たり前のようにありますからびっくりはしませんけどね。
最近はどうなってるでしょう。
またの機会に写真を紹介します。

これは違う意味での偽装。
yjimageYENQ5WHH.jpg
楽しみでやっているんでしょうけど、ここまでやるかって感じですね。
yjimageVC87GKTF.jpg
意味不明
yjimage1M225X32.jpg

最近の中国の犬事情
だんだん生活が豊かになり、余裕が出てくると趣味に時間を費やしたり、ペットを飼ってみようというのは当たり前のことです。
ペットが欲しい人が増えてくるとそれに伴いペット産業が増えてきます。
そこに目をつけて投資目的で犬の売買を始める悪いやつが出てくる。
資本主義の国でも共産圏の国でも同じことなんですね。
動物好きの人には悲しいことです。

なんでも投資対象にする中国人なので犬も例外ではありません。
超大型犬チベタン・マスティフのという犬には一時2億円という値段が付いていました。
チベット生まれのこの犬は地元ではほぼ放し飼いで飼われているため、盗難が相次いだそうです。
yjimage.jpg
チベタン・マスティフ
その後はコーカシアン・シェパードに人気がシフトしたり、日本の柴犬や秋田犬も人気が出て偽物がよく出回ったようです。
これらも1000万とか数千万とかの高値で取引された時期がありました。
日本でも最近よく耳にしますが、飼い主が面倒見切れなくなって捨てたり、ブリーダーが放置したりして殺処分される犬がいます。
中国でも例外ではなく、いや日本以上にそのようなケースが多いと聞きます。
大型犬が故にブリーダーや飼い主が面倒見切れなくなって放置してホームレス犬になり、人に危害を加えるというニュースが放送されていたり話題が絶えません。
投資目的やステイタスで犬を飼育する。その結果ペットたちがお金にしか見えなくなり、もともと好きではないから面倒になったら捨ててしまう。
悲しい話ですよね。

道路で見かました。

WeChat Image_20170614151835.jpg
???
WeChat Image_20170614151817.jpg
落ちないんですかね?



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ペットを飼うこととその死について考える。

ペットの死について。
54df4fb06f2d1.jpg

ブログスタートしていきなり何なの?って言われてしまいそうですが、動物を飼うことはイコールその死とも向きわなくてはいけませんね。
相手は生き物。
つまりいずれは人間と同じように死を迎えるわけです。
そして彼らは人間よりはるかに寿命が短いため、多くの人は自分がその時を迎えるより先に家族のような存在の動物達と別れを経験します。
ワンちゃんや猫ちゃんだけでなく、生き物を飼育するということはそれを覚悟しないとやってはいけないことです。
今ペットを飼っている人、これから飼おうと思ってる人はその覚悟をもって彼らと接して頂きたいと思います。
逆の言い方をするとその覚悟が無い人はペットを飼う資格が無いということではないでしょうか。
私の家には私が生まれたころからずっと犬と猫がいました。
当然のことながら私が大きくなっていくにつれその飼っていた犬や猫たちとも何度か別れを経験しています。
老衰で亡くなったおじいさん犬、車にひかれてしまった犬、隣の大きな犬に咬まれて亡くなった子その別れにはいろんな形がありました。
猫には名前があったかどうか覚えていませんし、人間の目につくところでは死を迎えないので年を取るといつのまにかいなくなり、大人からはどこかで死んだんだって聞かされました。
辛い経験を何度かしてきました。
でもなぜかしばらくすると別の犬や猫が我が家にいるんです。
おじいさんがいつもどこからか拾ってくるんです。
そして代々犬の名前はポチでした。(古いですね。時代が分かります)
そしていつの間にか何事もなかったように新しい家族と生活を始めるのですが、それでも必ず彼らともいつかはわかれがやってきます。
よく死んだときのことを考えるとかわいそうだから動物は飼わないという人がいますね、それも正しい選択なのかもしれません。
ただ動物には不思議な力があります。
生き物と接触することで子供は優しさを身に着けたり弱いものに対する接し方やいろんなことを学んで成長していきます。
時には赤ちゃんをあやしてくれることもあるでしょう。
一匹のペットの話題で家族の絆を深めることもあるでしょう。
一人暮らしで誰もいない部屋に帰ったとき、迎えてくれるペットたち。
誰かに愚痴を言いたいとき、話し相手がいない。
でもペットに向かって独り言を言うとなぜかまた頑張ろうという気持ちが沸いてきます。
せっかく何かの縁があって自分たちのところにやってきたのですからその別れが来る時までは家族の一員としてしっかりと向き合ってほしいと思います。


ペットを飼い始める前に

a1320_000180.jpg

テレビやネットでよく動物虐待とか飼育放棄のことを目にします。
ペットを飼っている一般の人だけではなく、ブリーダーまでが虐待やら飼育放棄をしている。
嫌々誰かから頼まれた人もいるかもしれませんが、それは特別なこととして
多くの人は犬や猫やうさぎが好きで、ペットショップで癒されたり、散歩している犬を見ていつかは買いたいと思って、いろいろな手段で動物を飼い始めます。
生まれたての赤ちゃんはだれが見ても可愛いですね。
でも、だんだん成長していくにつれてしつけの問題であったり、鳴き声で近所に迷惑をかけたり、散歩に行く時間が取れなかったり、いろんな苦労を経験していきます。
自分の子供であれば当たり前のことなのですが、いざペットとなるとどうでしょう。
そういうこともまた楽しみの一つと感じられればいいのですが、中には苦痛に変わっていく人もいっしゃるでしょう。
そうしていつの間にか餌をやらなかったり、散歩に連れて行かなくなったりして飼育放棄とか虐待をしてしまう人も増えています。
私自身のことですがコーギーの赤ちゃんをブリーダーさんから直接買って飼っていた時期がありました。
生まれてすぐに引き取ってきたため本当に自分の子供のようにかわいがっていました。
ところが1年たたないころに単身赴任が決まり、更に妻が妊娠したことが分かり、思うように面倒が見れなくなりました。
私はたまに帰って犬と戯れていればいいのですが、お腹の大きな妻にはかなりの負担だったでしょう。
コーギーという犬はもともと牧羊犬でとにかく運動量の多い犬です。
散歩もしっかり時間をかけてやる必要があります。
抜け毛の時期は半端なく毛が抜けます。
さらに足が短いため夏の暑い時期は焼けたアスファルトの熱の影響が他の犬より大きいので散歩する時間帯や場所を選ばないといけません。
可愛いよりも先に妻にとっては負担以外の何物でもなかったでしょう。
散歩の時間も短くなり、接触してやる時間も少なくなってきて、無駄吠えが多くなり、ストレスから家のそこらじゅうをかじって家がボロボロになりました。
すぐに帰れるはずの単身赴任も最低は3年ということで、これから子育てを一人でしていく妻の事を考えるとこのまま飼い続けることはできないという判断で泣く泣く知り合いを通じて、都会から移住してきた老夫婦にもらっていただくことにしました。
そのコーギーも今は無くなってしまいましたが、老夫婦と共に幸せな暮らしをしていたと聞いています。
今思えばあのまま買い続けていたら妻やペットに何が起こっていたのだろうかと考えるだけでもゾッとします。
決してペットは飼い主の所有物ではありません。
一緒に暮らしている家族なのです。
ただ単にこっちの都合のいい時だけかわいがってやっても彼らは喜んではいません。
おしっこもすればうんちもします。
かまってほしいときもあります。
ストレスのない生活を送らせてやることが大切だと思います。
昔はだいたいの家がおじいさん、おばあさんがいて、そしてお父さん、お母さん、子供たちというように誰かが必ず面倒をみたものですが、今はそうではありません。
ペットを飼うときは家族の構成、自宅の環境、だれがいつ散歩に連れて行くのか、
本当にこれから一緒に生活していく覚悟はできているか、もちろん動物の種類によっては経済的なことも大切な要素になります。
予防接種や病気やけがをしたときの医療費など、思いのほかお金もかかります。
そういうことを家族みんなでよく話し合ってから決断をしてほしいと思います。
せっかく縁があって来てくれたのですから、幸せな生活を送らせてやってください。

繁殖のこと
a1370_000175.jpg

ペットにもオスとメスが当然のことながらいます。
当然ながらその結果としては妊娠します。子供が生まれます。
いざ犬や猫を飼おうとしたときにオスかメスか悩みますよね。
オスとメスとどっちが飼いやすいかとか、どっちが正確的におとなしいかとか、どっちが手間がかからないかとかいろいろ考えます。
子供を産ませてたくさん飼いたいという人もいるでしょうが、それは一部の恵まれた環境の人(家族)でしょう。
多くの場合、一匹だけ大切に育てるという方を選択します。
オスは去勢手術、メスは避妊手術となるわけですがこれをしないでうっかり妊娠させてしまったら大変です。
中には血統書付きの大切なワンちゃんを野良犬に妊娠させられてしまったという人もいるのではないでしょうか。
大切な箱入り娘を傷物にされた気持ちは人間といっしょですよね。(笑)
オトコの方は加害者になるわけですがこれもまた相手があることですので、決して周りに迷惑をかけることの無いようにしましょう。
なので飼い始めて時期が来たら去勢・避妊治療をしてあげてください。
猫の場合は特に気をつけましょう。
少し前ですがテレビでですがマンション・アパートの一室で猫を飼っていたらいつの間にか何十匹にもなってしまったという話題になっていました。
猫は早い子で生後4か月から子供を産めるようになるそうです。
年2~4回出産し、一回に4~8頭産むそうです。
犬の場合も出産年齢や回数、頭数などあまり変わりませんがそもそも猫のように自由気ままには動き回っていませんので管理しやすいですよね。
ところが猫はいつにまにかお腹が大きくなって、見えないところで産んでたくさん子供を連れて家に帰ってくるということも少なからずあります。
テレビの例は自宅で買っていて飼いネコたちが繁殖を繰り返し、人間の居場所がなくなるくらい増え続けたということでした。
においとかも強烈でしょうし、食費も1か月何十万とかかると話していました。
可愛いからやめられないと飼い主は言っていましたがはたしてお互いに幸せなんでしょうか。
NOですよね。飼い主のエゴ以外の何物でもないと思います。
こんな統計もあります。
一匹のメス猫を放置しておくと一年後には20頭以上、二年後には80頭以上、そして三年後には2000頭!!という驚くような統計もあります。

最初にペットの死について書きました。
次にペットを家に迎えるときの準備(心構え)
そして出産のこと。
順番からすると逆のようですが、これらのことをしっかりと考えて長くペットと幸せな(お互いが)生活を送ってほしいと思います。
ペットたちも高齢化が進んでいます。
高齢化が進むと病気治療や介護の問題などが出てきます。
家族の負担の増えてくるでしょう。
人間と一緒ですよね。
これはまた次の機会にお話をしていきたいと思います。

これからペット用品の販売を始めようといろいろ商品の勉強をしています。
ヤフーショッピングやフリマアプリに一部の入荷した物から販売を始めていますが、将来的には自分自身のネットショップも開業しようと考えています。

oobikiyaking_4580463489346e.jpg

大きなことは言えませんが、ペットを飼っている皆さんの助けになるような商品を厳選して販売していきます。

Hoopet-pet-carrier-ombros-para-trás-frente-bloco-do-cão-pacote-gato-saco-de-viagem-mochila_jpg_640x640.jpg

現在いろんなお店で販売している商品でも実際に使ってみると、すぐに壊れたり、使い勝手が悪かったり、コストパフォーマンスが低かったり、いろいろあると思います。
そんなみなさんの意見を参考にしながら商品探しをしていきます。
ただ売るだけのお店ではなく、ペット好きの集まるコミュニティスペースのようなところになればいいなあって考えています。

Hoopet-roupas-leves-à-prova-d-água-bonito-pequeno-cão-roupa-do-cão-capa-de-chuva_jpg_640x640.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ペットショップを始める準備をしています

2017y06m12d_153745755.jpg

初めまして。
これからペット用品のネットショップを始めようと思っています。
お店の名前もまだ決めていません。
現在ペットについての勉強と商品探しをしていますので、用意できたものから順番にお店の方に出品していきます。
このブログでは集めた商品の紹介と、少しずつ身近なペットのことや、仕入れた商品の紹介、おもしろ動画などを順次UPしていきたいと思います。
また、記事を読んでいただいた皆さんのご意見を参考により良いお店作りに努めていきますのでよろしくお願いします。
こんなものは無いかとか、こんなものがあるんだけどもう少し安ければいいのにとか、この商品のここを変えたらもっといいものになるにとか、今現在市場に出ている商品であればできるだけ情報を集めて皆さんの要求に合ったものを探してまいります。
興味のある方はぜひ、お集りください。
商品第一回目
2017y06m06d_103042686.jpg
ネコちゃんデザインのトートバッグ全4種類×色:白と黒
2017y05m25d_193417210.jpg
ネコちゃんデザインのトートバッグ デザイン2種類
https://store.shopping.yahoo.co.jp/pkgsdrtsqypsqr66lxjex2ennu/zysnbv00hg.html
2017y06m12d_153745755.jpg
犬用、猫用給水器
2017y06m12d_153745755.jpg
ペット用ドライブシート



あとがき
このページのほかにもう一つブログを運営しています。
と言えば聞こえはいいのですが、ここ1年ほど休止状態です。
50過ぎてから走ることに目覚め、趣味は渓流釣りにキャンプと一応アウトドアな人間なんですが、少し前まで仕事で海外で生活をしていてなかなかやりたいことができていませんでした。
日本に帰ってからはいろいろやりたいこと、今までできなかったことを思いっきりやろうと思っていたんですが、会社のごたごたがあってなかなか思うようには行かず、せっかく始めたブログも途中で中断。
渓流釣りのこと、趣味の音楽のこと、キャンプやランニングいっぱい書くことがあったんですけどね。
トホホです。
そうこうしているうちに早いもので昨年とうとう節目の60歳を迎え、将来のことを本当に考えました。
幸いなことに今の会社では65くらいまでお世話になることができるのでこのままクビになるまでいてもいいのですが、
40年近く会社勤めをしてきて、この年になってもまだ上司の顔色をうかがったり、いろんなしがらみに束縛されて仕事しないでもいんじゃないかって考えるようになりました。
というか、もう会社勤めは十分だと思い始めてました。
いくら頑張っても組織の中の一人。
そこから外れたときは本当にただの老人。
単身赴任が長かったので、友達とも疎遠になっているし、親戚だって、地域の人だってほぼかかわりを持たずに仕事ばっかりの生活を送っていました。
嫁さんにも苦労かけっぱなしで、家のことも子供のこともほとんどまかっせっきり。
ただ、家に帰って嫁さん孝行したいと思っても年金もらえる年でもないし、いくらやりたいことをやろうと思っても、先立つものが無いとだめですからね。
こんな60過ぎのおっさんですが、一念発起して今までなくしてきたもののを取り戻して、人間らしい生活を送るために頑張ろうと思っています。
ペットショップと自分の趣味のブログを少しずつ更新していきますのでぜひ興味のある方はのぞきに来てください。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

-|2017年06月 |2017年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。